強度を確認する為の平板載荷試験【環境を整える為の検査】

男の人

住宅購入時に行いましょう

工事

土地を購入して住宅を建築するのであれば、地盤調査を必ず行いましょう。地盤調査を行って軟弱な地盤であれば、地盤改良をして強くする事も可能です。永く住み続ける住宅ですから、しっかりとした地盤の上に住宅を建築するようにしましょう。

View Detail

地盤の強度を正確に測定

作業員

直接的に荷重をかける

軟弱な地盤の上に建物や擁壁を建造すると、不同沈下を起こし傾いたり倒壊したりする恐れがあります。そのため建築前には確実な地盤調査が欠かせません。地盤調査の方法には平板載荷試験、スウェーデン式サウンディング試験、ボーリング試験などがあります。それぞれに長所と短所があり、現場の状況や目的によって使い分けるのが普通です。平板載荷試験は基礎を設置する深さの地面に荷重をかけて、地盤の支持力を調査する方法です。計算によって強度を割り出す方法と違って、実際の建物に近い形で直接的に許容応力度を測定でき、信頼性が高いため人気があります。調査日数は1日程度と短時間で終わり、地盤改良後の結果を確認するのにも向いています。

測定できる深度

平板載荷試験は地面に鋼板を設置し、その上から油圧ジャッキや重機で重量を加え、ある程度の時間をかけて地表の変形を調べます。鋼板は大きいほど正確に測定できますが、それだけ大きな重量が必要になります。敷地調査共通仕様書には、直径300mm以上の円盤を使用することとなっています。平板載荷試験で調査できる深さは、平板の直径の2倍程度までとされています。つまり深さ600mmから下の地盤については、強度が保証されないことになります。深いところに軟弱地盤がないかどうかは、他の方法を組み合わせて調査できます。平板載荷試験の精度や料金は、業者によっても異なるため、依頼する前に相見積もりを取って、比較検討することをお勧めします。

地盤改良は大切

男性

地震の多い日本は、地盤改良などにより、しっかりとした液状化対策をすることが大切です。状況に応じて、様々な工法を検討し、施工者はコスパを考えた工法でしっかりと施工し、データを必ず残しておくことが肝心です。

View Detail

対象物質と対策

工事現場

土壌汚染調査の対象物質は25種類あり、特性によって3種類に大別される。物質によっては自然由来の場合もある。摂取経路は地下水からの摂取と直接摂取の2種類があり、様々な対策の種類があるが実際にはコストがかかっても除去する方法が選択される。

View Detail