地盤改良は大切|強度を確認する為の平板載荷試験【環境を整える為の検査】

強度を確認する為の平板載荷試験【環境を整える為の検査】

男女

地盤改良は大切

男性

建物を建てる際に、安定した地盤強度を確保することは肝心です。地震などが発生した際の液状化対策をしておくのは必要不可欠でしょう。最もよくある方法はセメント改良です。これはコストもさることながら、工法が比較的単純で特殊な重機も使わないので主流と言えるでしょう。かなり軟弱な地盤や固い地盤が地中深にある場合の液状化対策は他の工法を利用することも多いです。例えば、薬液を注入する方法です。使う薬品にもよりますが、セメント改良よりはコストはかかるでしょう。また、サンドパイルやサンドドレーンによって地盤の水分を抜く方法も様々な場面で使われることが多いです。ただし、結構な大掛かりな工事となるので、利用する際はよく設計を検討すべきです。

最近は、全国各地で大きな地震が多発しているので、地盤や建物の安全を確保するためにも液状化対策は重要です。そして、液状化対策を行った場合に、必ずその前後のデータを取っておくことが大切です。最近はニュースでもデータの不正などの問題が多発しているので、問題が起こった場合に正確なデータを残しておかないと補償問題が大きくなる可能性があるでしょう。逆に、データから理論上は問題が無いたのに、液状化が発生したとなれば、基準の見直しや、周囲の環境を再確認する指標にもなるのです。また、地盤と建物の施工者が異なる場合はお互いに情報共有しておくことも大切です。そして、万が一の場合の責任の所在をしっかりと各会社が把握しておくことが求められるでしょう。